ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。




「厳しい。一回だけかぁ」
「じゃあもう帰る…」

もちろん帰るつもりはないけれど。
時間が許す限り、彼と一緒にいたい。


「ほら、そんなこと言わないで。
白野さんとの時間が俺の癒しなんだから」

「癒し……」
「白野さんといると、頑張ろうって思える」


そんなの、私なんか神田くんと会えるんだと考えただけでも、すごく楽しみで自然と元気になれる。


「私も、だよ。
神田くんと会えるの、すごく楽しみにしてた」


楽しみで、頬が緩んでしまうくらい。


「……っ、すぐそうやって俺を喜ばせる」


喜ばせようとしたつもりはなくて。
ただ、本心を言葉にしただけ。

けれどそれが彼を喜ばせたらしく、なんだか嬉しくなった。


「そんなかわいく笑えば許されると思って」

怒っている様子はなく、穏やかな口調で話す彼は、私の頬を軽くつねる。


「……いたい」

まったく痛くないけれど、反射的にそう言ってしまう私。


ああ、幸せだなって。
温かな感情が胸いっぱいに広がった。


「えへへ…」

自然と頬が緩む。
すると彼は、そんな私から視線を外した。


「神田くん?」
「……だからそんな顔しない」

「え?」
「キスしたくなるよ、いいの?」


私を見つめる彼は、また少し余裕がないように思えて。
さっきのキスを思い出した私は、顔が熱くなる。


「……っ、ダメ」

慌てて首を横に振った。

もう一度あんなにも甘いキスをされたら、本気で心臓が壊れてしまいそうで。


「じゃあ今度こそ、ノートをどうぞ」


少し俯いて、熱くなる顔を隠しながら、今度こそノートを神田くんに渡した。


「ありがとう」

彼はそれを受け取り、お礼を言う。

そんな今の神田くんも自然に思えて、嬉しくなった私は同じようにして彼に笑い返した。


< 278/ 530 >