ケータイ小説 野いちご

俺は彼女に溺愛中 。


今は俺がゆずに近づく男をガードし続けてる
けど、それもどこまで持つかわかんねぇし……



ただでさえモテるゆずが
これからもっと可愛くなる

なーんて考えると
他の男が寄ってこない訳が無い。




とられる。



なんて考えたくもねーし、
その前に渡す気もねーけど




厄介な奴が現れたら
面倒臭いのは間違いない



早く、あの鈍感天然バカに





好きって言わないと……だな



でも、まあ、
ゆずが俺を、幼馴染以上の存在だなんて
思ってるわけ……



……ないんだけど。



はぁ、今日も俺は彼女に片想い中だ。



。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。



< 16/ 71 >