ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。




遊びに行く時も、もちろん心配される。

誰と行くのか、どこに行くのか。
そこは安全な場所が、男は一緒じゃないのかなど。


大事にされているらしいけれど、少し重すぎる。

今回も、帰りがいつもより遅くて心配しているお兄ちゃんからのメッセージだった。


【未央、何かあったのか?大丈夫?すぐ駆けつけるからどこにいるか教えてくれ!】


文面的に、私を心配していることがすぐにわかった。


慌てて返信しようと思ったけれど、この状況をどう説明すればいいのかわからない。

そもそも言ってしまえば恐らくお兄ちゃんは壊れてしまう。

少なくとも神田くんの名前を出してしまうことになるだろうから。


そのため、まだ神田くんといたかったけれど、帰る選択をとることにした。


【大丈夫だよ!もうすぐ帰るね】

そう返信してからスマホをポケットに直し、顔を上げて神田くんのほうを向く。


「あの、そろそろ帰るね…」


自分でもわかるくらい、弱々しい声。
まだ帰りたくないのが本音だったから。


< 203/ 530 >