ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。




「佐久間、くん?」

明らかに先ほどとは様子が違う神田くん。


「……俺に優しくしないで」
「えっ…?」


怪我をしていたから、私が勝手に絆創膏を貼っただけというのに。

それが余計なお世話だったのかな。


「ご、ごめんね」

だとしたら謝らなければいけない。
不快な思いをさせたのなら余計に。


「いや、白野さんは悪くないんだよ。
ただ俺が慣れてないだけだから」


ぎゅっと、神田くんが抱きしめる力を強める。
彼にしては珍しい抱きしめ方で。


慣れていない、のは…優しくされることに慣れていないってこと?

もしそうだとしたら、少しだけ神田くんを纏う環境が想像できる。


優しくされない場所。
厳しく育てられたか、それとも放置されてきたか。

私の知識がないだけで、そのどちらでもない可能性だってある。


とにかく私は、神田くんのことを知らなさすぎる。


「でも、ありがとう」

お礼を言った神田くんの声は、どこか小さく聞こえた気がした。


< 201/ 530 >