ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。




もちろんスマホは持っているため、スカートのポケットから取り出す。


「じゃあ白野さんの連絡先、聞いてもいい?」
「え…」

「いつでもすぐに連絡できるように。
ちゃんと大丈夫だよって、連絡すれば早いだろうから」


どうやら彼は、勝手に不安になる私を安心させようとしてくれている。


「うん、交換してほしい」

これで少しは安心できるような気がした。


「ありがとう」

お礼を言われる筋合いはないのに。
むしろ申し訳ない。

面倒くさいことをさせてしまって。


けれど神田くんはどこか嬉しそうに見えたため、ほっとする自分がいた。


「じゃあ時間ができたら、すぐ連絡するからね。
それまで待っててほしい」

「わかった。待ってるね」


最後に神田くんはもう一度私の頭に手を置いたあと、私に背中を向けて図書室を後にした。


< 147/ 530 >