ケータイ小説 野いちご

夏色の初恋を君にあげる



彼を見つけたのは、私が初めて図書委員の仕事をした日のこと。

帰りがけ、窓の戸締まりを確認していると、暗いグラウンドをひとりで走っている彼の姿を見つけた。


風の噂で、サッカー部に天才的な才能を持つ部員がいるとは聞いていた。そしてそれがグラウンドを走っている彼だと、噂の類には疎い私でも分かるほどには、彼は有名で。

そんな天才が居残りで自主練習をしている。

最初は、そのひたむきな姿に惹きつけられた。



彼は自主練習をした後、必ずひとりで広いグラウンドを地ならしし直した。

意識してみれば、朝も早く登校して自主練習をしているようだった。

彼はどこまでも努力の人だったのだ。


そんなことを知ってからだ。

私が彼を意識するようになったのは。



だからといって、近づきたいとか付き合いたいとかいう願望はない。

この図書室からひっそり眺めている距離感がちょうどいい、そう思っていた。


だって彼は圧倒的に主人公側の存在だから。



――でも、その距離は、ある日突然いとも簡単に崩れた。


< 2/ 52 >