ケータイ小説 野いちご



でもね…雛…


「ごめん。今日から1週間はちょっと…。」


「へ!?なんで!?」


なんでとは…。


私は雛にスマホのトーク画面を見せた。


''命令。 勉強教えて。''


こんなの名前言わなくても誰か分かるよね。


正解です、蓮見くんです。


「ふ〜ん…ふふっ。そっかそっか〜!志乃ちゃん頑張ってね!」


またよからぬことを言われそうだから、私は「ありがとう」とだけ答えた。



< 67/ 172 >