ケータイ小説 野いちご

大好き!ばいばい

もう、だいぶ前に、諦めがついたはずだった。
でも…そんなことなかったのかな
また、虹川に迷惑かけたらどうしよう。
そんな不安が私の心を支配していた。

< 77/ 125 >