ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花





リビングに行くと、「そこ座って」とソファを指さす詩優。



高級そうなソファ……詩優の前に腰を下ろす。



「…俺さ、世界No.1の暴走族"雷龍"の12代目総長なんだ」



「昨日聞いたと思うけどさ」と、付け足して真剣な表情の詩優。



私はこくり、と頷く。



「竜二が副総長で、倫也が幹部。幹部はあと2人居るんだけど…それは後でな。

俺はさ…花莉を守りたい。だから……"雷龍"の姫にならねぇか?」



……姫って……昨日金髪男が言ってたような……"総長の…族の大切な女"……のこと…



「…わ、私に……その仕事はつとまらないと思う…

…詩優には何回も助けてもらって本当に感謝してる……けどそもそも何で私を守りたいと思うのかわからない…

私と詩優は会って数日のはずでしょ…?」




詩優を困らせてしまうかもしれない。けど理由が知りたかったんだ…




詩優は1呼吸したから、



「好きだから……って言ったら信じる?」



私の目を逸らさずにとらえて、逃がさない。




ドキン!と大きく胸が高鳴って…心臓の音が聞こえてしまうのではないかと思うくらい。



…すき……?すきってあの……好き?



「お前にとったら俺は会って数日の男。でも俺は花莉のこと入学式から知ってる……

いわゆる一目惚れってやつだった」



……ヒトメボレ……?


入学式から……?そんなに早く?



ドキドキしすぎて…もう…キャパオーバーになりそう…



「好きだから守りたい……だから…姫になってほしい」



このまっすぐな目を逸らすことなんて絶対にできない。それにまっすぐな気持ちにこたえたい…



「…はい」



そう思ったら自然に声が出ていた。








< 50/ 599 >