ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花





涙がとまると、またバイクに乗せられて詩優の部屋に来た。


「これ合鍵な」


詩優はぽんっと私の手の上にカードキーを置く。



「…え?」



普通会って数日の人に合鍵を渡す人間がいるだろうか。



いや…いた。目の前に。



「一緒に住むんだったらあった方が便利だろ?」



……一緒に住む………詩優…と?



「あー待って。一緒に住むの?とか言うのはなしな。それに俺、もう花莉から許可もらってるし」



…許可?……したっけ……?



首を傾げる私に



「お前のこともらっていいって聞いたろ?」



と、詩優が言う。



……あれってそういう意味だったの?……私…頷いたけどさ………



「これに関しては拒否権なしで」



と、言い残してすたすたと歩いて行った詩優………










こらから大丈夫だろうか…


< 48/ 599 >