ケータイ小説 野いちご

涙の数だけ




「『岩村先生は

『社会に出ればイヤな人とも付き合わなくちゃいけないときがある』

そう言ってましたけどあたし…そうやって割り切ってきたんです。


これからあたしの周りに
あたしの好きな人だけがいるワケじゃない、

そんなこと分かってた。

だから…あたしは我慢してきたんです。


なのに…それなのに岡田先生が優しいから…

みんなが…心配そうな目であたしを見つめるから


我慢…できなくなったんです』


ゆずちゃんがね?電話でそう言ってたの。


あの子は大人だわ

普通の中学生はあんな考え方、できないもの


「我慢しようとするだけ涙は溢れるばかりで。

あたし…弱いですよね」


ゆずちゃん、あの子は怖い

自分の非を認めるのって大人でも怖いでしょ?


それなのにあの子は自分が弱い、
そう言いきったの。


私…ビックリしちゃった。」


紗智の口から放たれる一言一言に俺は驚いていた。



やっぱり新垣はただ者じゃない。


そして、俺の手なんか借りなくても立ち直ることができるんだ。








< 33/ 38 >