ケータイ小説 野いちご

涙の数だけ






「お疲れ様で~す」


『お疲れ様です』


職員室に残るは俺だけ。


今日、野外学習から帰って来た。


それなのにどうして俺は1番最後に職員室を出ないといけないんだ…



そんなことに若干の苛つきを覚える。

そして俺は仕事を手際よく終わらせて行く





『ただいま』

帰宅時刻9時


あぁ…疲れた。

今の俺には疲労という2文字しか残っていない。



「おかえり、雄志」

俺は紗智の笑顔が好きだ

紗智の笑顔を見るたびに俺は元気になれる。


そんなキャラじゃないことくらい、百も承知で。


だけど俺だって人間

鬼教師だとしても人間には変わりない。



「お疲れ様でした」

紗智は俺の好きな温かい緑茶を入れてくれる。


それをすすりながら俺は流れていく時間を感じていた。






< 31/ 38 >