ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花





「…た、ただいま……」



小さい声で言ってこっそり家の中に入る。



「どこに行ってた?」



お父さんの声……



「………………友達…の家……」



冷や汗が伝う…怖くて目を合わせることができない…



「来なさい」


腕を引っ張られ、リビングに連れてこられると



思いっきり殴られた。




何度も、何度も………




腹部も蹴られて激しい痛みが私を襲う。




お父さんが私を殴る時、笑っていた。嬉しそうに殴って、楽しそうに蹴る。



…こんな狂った人間が世の中にはいるんだ










顔も体も傷だらけ。


……こんな姿じゃしばらく学校行けないや…



詩優の家での楽しかったことが夢みたいだよ…



< 36/ 599 >