ケータイ小説 野いちご

妄想少女とギャップ王子



「敬語だったからお仕置きっ!ふふっ。」


私がそう言って笑うと、蒼真は顔を赤くして


「…っ!ばーか。」


って笑った。



その笑顔を独り占めしたくて…。


「蒼真の…彼女になりたい!」


私なりの精一杯の言葉。


「喜んで。」


蒼真がそう言うと、私たちはどちらかともなくキスをした。



< 96/ 147 >