ケータイ小説 野いちご

妄想少女とギャップ王子



私の背中を見送る花ちゃんはポツリと呟いた。



「阿久津くん、わかりやすいのにな。」



そう言って、花ちゃんは自分の家の方へ歩いて言った。



< 74/ 147 >