ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。




提出は夏休みが始まる前でいいって言ってくれたけれど、私にとったらそれですら短く感じてしまう。


「……はぁ」

進路のことを考えたら少し気が重くなる。


そういえば、神田くんも昨日呼ばれていたんだっけ。

つまり神田くんも、進路についてまだ決まっていないということなのだろうか。


彼のことを考えると蘇る、昨日の記憶。


きっともう二度と、彼と関わることはないだろう。
夢のような時間だった。


昨日のことを思い返しながらそっと紙に手を伸ばし、一度持って行こうかと悩んだけれど、結局それをやめた。

きっと学校に持っていったところで、空白を埋められる訳ではない。


そう考えると気が重くなり、自然とため息がこぼれた。


< 28/ 530 >