ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。




ひとり、教室に取り残された私。

まるでさっきまでの神田くんとの会話が全部、嘘だったかのように静かだった。


神田くんに触れられた部分も、今はもう熱が下がっている。


『これだけは覚えておいて。
白野さんはもう、今まで通りにはいかないって』



さっきの神田くんの言葉が、頭の中で繰り返される。
今まで通りにはいかない……だなんて、嘘だと思った。


だからきっと、明日になれば全てが元通りになる。


神田くんと話すことはないだろうし、関わることすらないに違いない。


それなのに……どうしてこんなにもドキドキして、期待している自分がいるのだろう。


たった一日の、さらに数十分の間で。

神田くんの謎は深まり、さらに知りたいと思ってしまう───


そんな自分がいた。


< 26/ 530 >