ケータイ小説 野いちご

妄想少女とギャップ王子



な、なんと!?


…覚悟…決めるしかないのか…。


「そ…そう…ま…くん?」


「なに?律花。」


ま、待って待って!!!


ダメ…ダメだよ…。


私…勘違いしちゃうよ…。


だから私にそんな目を向けないで…。


そんな、愛おしそうな目を…。



私が呼ぶとパッと手を離してくれた阿久津くん。


いいって言ったけど、やっぱり家まで送ってくれた。


このドキドキの正体は…きっとーーなんだ。




< 50/ 147 >