ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

中島くん、わざとでしょ




「とは言っても、こんな男子ばっかりのクラスじゃねぇ。イケメンって言えるの、中島くんくらいだし」



中島くんの名前が出てきて、少しそわっとした気持ちになった。
昨日抱きしめられかけたこととか、あの優しすぎる低音ボイスを思い出して。


うっかり流されそうになった自分にムカムカする。ぜんぶ、作り物だってわかってるから、あれほど腹が立つことはない。





「ミカちゃんは彼氏いるのにイケメンイケメンって……」


中島くんのことには触れずに呆れ顔をつくった。




「イケメンは正義だから〜。ほら、ジャニーズをかっこいいって思うのと、彼氏を好きって思うのは違うでしょ」


「それは、まあ……」



ジャニーズにはまったことはないけど、言ってることはわかる。





「だからね? 中島くんは誰もが認めるイケメンだけど、イケメンだって思うのが好きに結びつくわけじゃないでしょ? 結局、はのんにとっては遼くんが1番かっこいいでしょ?」


「う、うん。わざわざそんな例あげなくてもわかってるし、わかってるから……」




声をひそめてミカちゃんを止める。だって、ここは教室の中。

中島くんもいるんだから、聞かれると色々とまずい。


< 41/ 320 >