ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一ノ瀬くんの寝顔が可愛すぎてつらい。


生活能力のないダメダメなお父さんだけど、そういうところが私は大好きだ。

信じてくれるお父さんの期待に応えたい。


両親の視線を受けて、考えること十数秒。

私は大きく深呼吸をして、座ったまま頭を下げた。


「わかった! 京子さんの家で、お世話になります!」


私がしっかり答えると、お父さんはひとつ頷きまた新聞を広げだす。

張り詰めていたような空気がそれでゆるみ、お母さんは「京子ちゃんに連絡しなきゃ」と席を立った。


ああ……言ってしまった。


頭を抱えたかったけど、そこは言い切った手前我慢した。

でも決めたことで、不安はどんどん私の中でふくらんでいく。


大丈夫かな、本当に。

来月は期末テストもあるのに、男の子と生活をともにして勉強に集中できるだろうか。


どうか高橋くんみたいに優しい男の子でありますように。

そう祈るしかなかった。



< 31/ 317 >