ケータイ小説 野いちご

君の笑顔は、俺が絶対守るから。


迷う私に、それまでだんまりを決め込んでいたお父さんが声をかけてきた。

新聞を閉じ、丁寧に畳んでテーブルに置くお父さんに、私も居住まいを正す。


生活能力ゼロのダメダメなお父さんだけど、こういう時は威厳のある姿を一時取り戻すのだ。

それによく喋るお母さんの言葉よりも、無口なお父さんの一言は、ものすごく重みがある。


少し緊張しながらお父さんの言葉を待った。


「人の家で暮らすのがどうしても嫌なら、断ってもいい」

「お父さん……」

「梓が決めなさい」


こうやって何か大事な選択をしなくちゃいけない時、お父さんは私の意思を尊重してくれる。

小学生の頃、小鳥を守って男子とバトルになり呼び出された時も、中学の頃受験勉強がうまくいかずにいた時もそう。


私のことを信じて、どうするのか答えを出すのを待ってくれた。

急かすことなく、私の気持ちをいちばんに考え、大事にしてくれていた。

< 30/ 317 >