ケータイ小説 野いちご

彼氏売買所

「番号交換してくれる!?」


次に出た隼人の言葉にあたしはキョトンとしてしまった。


隼人の手にはスマホが握られている。


「え、あ……そうだね」


拍子抜けしながらホッとため息を吐き出した。


いきなり襲われるかと思った。


あたしは隼人と番号を交換すると、そそくさとその場を後にしたのだった。

< 20/ 281 >