ケータイ小説 野いちご

いつでもきみのそばに



「うん、たべる!え、大ちゃんも食べるでしょ?」


「うん、食べなくはないけど、それにしてもSサイズでもよかったんじゃ?」


「いいの!おいしいものはたくさん食べておかないとね」


舞は昔から食べるのが好きだった。


おいしいものに目がなくて、でもそのわりに細くて不思議なくらいだった。


「ま、いいけど。じゃあいくか」


なんでも有名な映画らしくてほぼ席はうまっていた。


< 15/ 168 >