ケータイ小説 野いちご

Y U R A 〜その忍、黒き蝶の如し〜

姿がわからぬ黒蝶に恐れをなして、賞金さえも懸けられるようになった。


それでも由羅は、毎回巧みに依頼をこなすのであった。

< 46/ 587 >