ケータイ小説 野いちご

恋ってやつを教えてやるよ。


「で、恋活って、そもそも何すればいいの?」


「あー」


「あーって、あんたまさか、また何にも考えてなかったわけじゃないでしょうね?」


「ちげーよ!俺にも考えくらいあるわ!」


「本当にぃ〜?」



疑いの眼差しを向けていると、「本当だよ!」と額にデコピンを打ち込まれた。


痛い。



「こっちにも色々準備ってもんがあるんだよ!まぁ、そう焦るな。恋活は、明日から決行することにする」


「準備?」


「とりあえずお前、今日は夜更かしすんなよ?しっかり睡眠とって肌のコンディション整えとけ」


「は?」


「風呂上がってからの手入れも忘れんな。お前、面倒臭いからっていつもなんもつけねーだろ。化粧水くらいつけとけ」



「急に何なの?」



やたら美容のレクチャーをしてくるジロに訝しげな顔を向けていれば。



「じゃ!俺、今日忙しくなりそうだから先帰るわ!」



そう言って片手を上げ、ジロは足早に教室を出て行ってしまった。



「何なんだぁ?」



残された私は、ジロの出ていった方を見たまま、一人首を傾げた。









そして、次の日。



「これは……何?」



私と幸と高峰くんは、私の机の上にばらまかれた物を食い入るように見つめていた。

< 41/ 152 >