ケータイ小説 野いちご

腹黒王子のいいなり。



当の本人はどこか顔を引きつらせながらも、笑顔を取り繕っていた。


「菅原くん、夕美ちゃんと離れて悲しいだろうね」
「そうだな、雅は春坂さんのことが大好きだから」


だ、大好きって……そんなことはないと思う。
お互いが好きだと言う機会も全然ないし。

今、雅は私のことをどう思ってるかなんて、私にわかるわけがない。


……どう、思ってくれているのだろう。
逆に私は、雅のことをどう思っているんだろう。



ふと抱いた疑問は、その日の私を悩ませて。

「雅くん、昨日ね……」
「そうなんだ、優しいお姉さんなんだね」


さらには周りの女子と仲よさそうに話す雅を見ると、なんだかモヤモヤした。

この気持ちはなんだか私を悩ませ、暗くさせる。


その日はなんとか乗り越えれたのだけれど、女子たちは日に日に雅と絡む回数が増えていって。


< 303/ 338 >