ケータイ小説 野いちご

不器用彼氏による不器用な愛情表現

「それで、今日は何買いたいんだ?」


私が絶対に買いたいもの!それは、、、

ヘアアクセと筆入れ、ノートと蛍光ペン、それから


キーホルダー!!


「文房具とキーホルダーかな」


「ふぅん、じゃあ先に文房具だな。」


「おっけ。瑠衣くんは何買うの?」


「シャーペン?ぐらいかな」


「少ないね、、、私急いで決めないと」


「は?別に俺も急いでるわけじゃねぇからいいよ。」


「でも私が選んでるだけなの退屈でしょ?」


「別に。おまえ、俺が近くにいないとただの独り言デカいやつだぞ?」


確かに、私はどうしよっかなぁーとか口に出しちゃうけど

「そうかも。シャーペン、どれがいいの?私も新しいの買おうかなぁ」


「俺は芯が折れないやつ。握ってても疲れないし。コレとかいいな。」


「ふぅん。じゃあ私この色ちがいのにしようかな。新色だし!桜色で春っぽい!」


「それ、恥ずかしくね?」


「ぇー?だめ?おそろいやだ?」


「別に嫌とは言ってない。」


「そう?じゃあ私蛍光ペン取ってくる!隣の列だし」


なんかもう難しいよ!本当は嫌だったのかな


でも世の中のカップルっておそろいぐらい持ってるよね?私だって、瑠衣くんとおそろいがほしいのにー!


「ノートも買ったのか?」


「うん、教科ごとにしたいから10冊買わないと」


「重くねぇの?」


「うーん、このデザインあるの、ここだけだからしょうがないかな。」








「意外と金額いかなかった!予算より安く済んだし。アイス代が生まれたよ。後でアイス食べようね。」

「分かった分かった。ほら、持っててやる。」


「え?」


「それ、重すぎるだろ。帰りに返してやるから」


「いいの?ありがとう!」

< 14/ 30 >