ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

腹黒王子のいいなり。



そう、昨日……菅原にキスされたことだって全部。


「……っ」


思い出しただけで顔が熱くなる。
2回も……2回もキスされたのだ。

信じられないし、夢だと思いたいに決まっている。


昨日のことは全部忘れようと思い、私はお母さんに声をかけて家を後にした。



そして駅に着くと、いつもと乗る電車が違うため、当たり前だけれど乗る人の顔ぶれも違っていた。

私は菅原に指定された1両目に乗る。
その電車は、私がいつも乗る時間帯よりも人がさらに多いような気がした。


もちろん座ることができなくて、大人しく立っていると、あっという間に次の駅が見えてくる。


……あっ、見つけた。

車窓からホームを覗けば、すぐ菅原の姿が確認できた。

それだけ存在感があったのだ。


ゆっくりと電車が止まれば、車窓越しに菅原と目が合う。


< 99/ 338 >