ケータイ小説 野いちご

零度の華 Ⅰ



あたしは危険で楽しいことが大好きだ

ゾクゾクとする





慕って奴が敵になる瞬間



恐怖に怯え我を忘れて向かってくる奴




組織で殺そうとしてきた時






こいつらの表情の変化や感情を剥き出しに向かってくる姿







そんな姿を見るのが好きなんだ



人間という生き物の本性も分かるからな






あたしを楽しませてくれれば、それでいい




< 195/ 332 >