ケータイ小説 野いちご

腹黒王子のいいなり。



「……っ、ごめんね。
まだ見つからないの、みんなダメだって」

「みゃー」


平気だよって、言っているように見えたけれど、本当は辛いはず。

ずっとひとりぼっちだもんね。


「どうすればいいの……」

この時の私は未熟だったから、飼い主を見つける以外の方法を知らなくて。

ひとりで泣いていたら、突然。


「何してるの?」


誰かに声をかけられた。

パッと顔を上げてみれば、そこには他校の制服を着た男子が、黒い傘をさしながら立っていた。


その制服は、私の通う北中学の近くにある南中学のもので。

ここの近くに住む人なのかな?と思った。
だとしたらミイの存在も知っている?


だけど見たこともない顔。

雨と傘が邪魔をして、うまく顔がわからなかったけれど、視界が悪くてもわかるくらい、その男子は大人びた顔立ちをしていた。


< 3/ 338 >