ケータイ小説 野いちご

腹黒王子のいいなり。



「……ミイ、大丈夫だった?」


私は仔猫の名前を呼びやすいよう、勝手に『ミイ』と名前をつけた。

だけどミイは気に入ってくれたらしく、名前を呼べばすぐに反応してしてくれた。


「みゃー」

ミイは嬉しそうな顔をして、怪我はしていない様子だったから安心する。

だけど雨で濡れたせいか、毛が水分を含み、重く体にくっついていた。



急いで鞄からタオルを取り出し、ミイに被せた。
するとひょこっとタオルから顔を覗かせるミイは、本当にかわいい。


「ごめんね、朝から雨に濡れないよう傘置いてあげればよったね」


朝は雨が降っていなくて、油断していた。
そのせいでミイは濡れてしまったのだ。


タオルで体を拭いてあげると、ミイは驚くほど小さくて、日に日に痩せているような気がした。

ご飯もあまり食べなくて、心配になる。


「みゃー……」


そんなミイの体を拭きながら、気づけば目から涙が溢れていた。

そんな私を心配そうに見つめ、鳴いているミイ。


< 2/ 338 >