ケータイ小説 野いちご

【短】残月、残滓、残照、残恋。そして、残愛…。



「さーやちゃん、こっち向いてみてー?」


「えー?カタちゃん、これカメラチェックじゃーん!」


「1枚くらいいいでしょ?ね?お願い?」


「もぉ〜!仕方ないなぁ」



本当は仕方なくなんてないくせに、その子はにっこりと笑って、フィルムの中に収まっていく。


私は、それが物凄く不愉快だった。

…だけれど、それでもその心中を微塵も口に出すことなく、待たされているパイプ椅子にどっしりと腰を据え、スマホを弄っていた。


その中には、友人からの合コンのお誘いが幾つかあって、何時もは軽く流すけど、むしゃくしゃするから、今夜は参加してやろうかと思っている。


まぁ、それがこの立場で許されるかはまた別として…。



しかし…なんだって、こんなに苛立つのか。

それは、目の前で忙しなく動いてるコイツのせいか…。


それならば、更にイライラはMAXだ。



< 3/ 36 >