ケータイ小説 野いちご

【完】キミさえいれば、なにもいらない。

彼の感想を読んだら、私にアピールしたいというよりも、ただ純粋に物語を楽しんでくれたんだって、そう思えた。


私が初めてこの本を読んだ時に感じたことと、同じようなことを彼も感じてくれていたのがわかって。


それがなんだかとても嬉しかった。


一ノ瀬くんは確かに見た目はチャラいし、掴みどころがないし、ちょっと強引なところもあるけれど、そんなに悪い人ではないのかもしれない、なんてことを思ってしまう。


それはただ、自分の〝好き〟に彼が共感してくれたからっていう、単純な理由かもしれないけれど。


私の中で確実に、彼に対する警戒心が少し和らいだような気がした。


.





.



< 95/ 370 >