ケータイ小説 野いちご

【完】私、新しく生まれ変わります!




「私なんかっていうの禁止してたよな?」



「⋯⋯はい」



やっぱり長年の口癖は治らないもので⋯⋯。



「自己評価低すぎ。お前は自分が思ってる以上に最高な女なんだから自信持て」



「ねぇ!さらっと恥ずかしくなるような事言うのやめてっ」



あー。あつい!



「顔赤くなってるけど?」



ニヤニヤしてる隼人くん⋯⋯


これ、もしかして確信犯?



「⋯⋯隼人くんがそんなこと言うから悪い」



隼人くんのせいだ。




「本当のことなんだけどなぁ」



「よく本人に言えるよね!」



その恥ずかしさのなさはどこに行ってるの!



「お前が自分のこと過小評価し過ぎだから。俺が分からせてやるって決めた」




< 257/ 263 >