ケータイ小説 野いちご

【完】私、新しく生まれ変わります!




「心菜、昔なんかあっただろ」





「なんで、わかるの⋯⋯?」





「なんとなくな」




何となくで分かるものなのかな、それ。




「だから、聞かせて欲しい。嫌なのはわかってる。でもそれで心菜が苦しむのは俺が嫌だ」





「隼人くん⋯⋯」





どうしよう。





上野くんを見て、震えが止まらなくなった。





また震えが止まらなくなったらどうしよう。隼人くんにまた迷惑かけちゃう。





「思い出して嫌な思いをしても俺が隣に居るから」





隼人くんはいつも私の欲しい言葉をくれる。





だから、話そうって思えるのかも。




「⋯⋯私の話⋯⋯きいてくれる?」





「もちろん」





勇気をだして。





< 172/ 263 >