ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

小悪魔彼女×溺愛彼氏

「うん…、ものすっごく会いたかった。」


すると
ギューッとまた胸に
顔を押しつけられ抱きしめられた。


夏のせい、お互い薄着だから
肌が密着している。


直接体温を感じたせいで
心臓が早く脈を打つ。


ドキドキが伝わらないか
心配だったけど
耳を澄ますと
斗真も私と同じくらいの速さで
心臓が動いていた。


もしかして、
斗真もドキドキしてるのかな?


気になって顔を上げようとすると


「今、こっち見んな。」


って後頭部を手で抑えられてしまった。


「何でよ~!」


じたばたしてみても
私の体はすっぽり斗真の腕の中に
収まっていて
抵抗力はとても弱い。


それがまた嬉しくなっちゃうんだけど。

< 61/ 306 >