ケータイ小説 野いちご

ペットな彼女の甘え方




「せっちゃん先生、ごめんなさい。あまりにも美味しそうな香りがしてたから、つい…」



本能で動いちゃうんだもん、仕方ないよね。



テヘッとせっちゃん先生に謝っていると、教室に設置された校内スピーカーがジジっと鳴って、



「あー、あー…んんっ」



しばらくしてから柴ちゃんの声が聞こえてきた。



あれ?柴ちゃんだ。


どうしたんだろう?



「おいコラ西條!お前どこに脱走してやがる!?俺の授業サボるたぁいい度胸してんじゃねぇか!早く戻ってこい!!」



ありゃ。

次の授業、柴ちゃんだったんだ。

やっぱ戻らないとダメかぁ。


ていうか、脱走って…。
柴ちゃん、私のこともう完全に犬だと思ってる…。










< 63/ 77 >