ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一途で甘いキミの溺愛が止まらない。





「あ、アラームは昨日の夜に消しておいたからね。
菜穂、早く起きようとしすぎだよ」



「……え…?」



自分の馬鹿さ加減に呆れつつ、起き上がろうとしたら蓮くんにそう言われ固まってしまう。



今、なんて…?
夜に、アラームを消した…?



「ど、どうして?」



「俺はね、菜穂の考えてることは全てわかるよ。
早起きしてお弁当作ってくれようとしたんだよね?


それも、二人のお弁当の中身を別々にして」



「え……」



ほとんど合っていたため、言葉が出ない。




< 118/ 370 >