ケータイ小説 野いちご

暗黒王子と危ない夜


本多くんがそう言い切ったあと、運転席のやないさんが「はっはっ」と笑い声を上げた。

三成くんが首を傾げながらやないさんを見る。





「何笑ってんだよ」

「いや失礼。七瀬くんは相変わらずだなと思いましてね」

「あー、痛覚鈍いマゾだからな。 つーかまとめると何? 相手の隙つくるだけなら降参したフリだけでよくねえ? 電話まで使う意味あんの?」




今度は、本多くんに答えを求めるように助手席から身を乗り出した。





「必要だった。追い詰められたあと、おれが誰かに助けを求めるってシチュエーションが」

「なんで」

「ボロボロになったあげく、味方との通信手段も奪われたとなれば、もう足掻きようがないでしょ。無力だと信じ込ませれば、相手の警戒はほぼ完全に解ける。……そうなれば、あとはこっちのものってことで」





窓の外は、いつの間にか見慣れない景色に変わっていた。
何度か通ったことはある。たしかここは、西区のはずだ。


昨日の場所とはまた離れているみたいだけれど。


< 210/ 461 >