ケータイ小説 野いちご

パクチーの王様



『逸人、芽以と結婚してくれ』

 オープン前のまだ誰も居ない静かな店内の厨房で、ひとり、白いまな板の上のパクチーを見つめて思索に耽ふけっていた逸人の許に、そんな阿呆な電話がかかってきたのは、わずか小一時間前のことだった。

 とるんじゃなかった……と思いながら、逸人はスマホに向かって言う。

「お前、錯乱してるだろ」

 だが、兄、圭太はただ、莫迦みたいに同じ言葉を繰り返している。

 ……やはり、錯乱しているようだ、と思う。

 まあ、ずっと思い詰めていたようだからな。

 この間、甘城日奈子《あまぎ ひなこ》との結婚が決まり、圭太が跡継ぎになることが、正式に承認された。

 満場一致とはいかず、あのあと、こちらに接触してくるものが、かえって増えたりもしたが。

 それでも、仕事に関しては、圭太は本気で覚悟を決めているようなことを言っていた。

 ……が、この件に関しては、まったく覚悟が決まっていなかったようだ。

< 39/ 555 >