ケータイ小説 野いちご

【完】李寵妃恋譚―この世界、君と共に―




「ちょっと、待っててね」


黎祥の衣服は血だらけで……とてもじゃないけど、再び、身につけられるものではなかった。


だから、祥基からいらない衣服をもらったんだけど……そんな翠蓮の奇怪な行動を怪しんで(心配して)、祥基は訪ねてきてくれたんだと、翠蓮は分かってた。


小走りで奥の部屋に仕舞ってある、父の外套を取りに行く。


「はい」


それを受け取り、身につけた黎祥は、


「じゃあ、行ってくる」


と、柔らかく笑った。


ここに来てから、どんどん表情の種類が増えていく黎祥。


それほどまでに、辛い環境にいたのか。


「……翠蓮、お前」


「?なに、祥基」


「お前、何処の御大尽を拐って来たんだよ……」


「ちょっ、拐ってない!救いはしたけど……」


なんて、失礼なことを言う幼なじみだ!!


「あの男、ただもんじゃねーぞ」


「あ、やっぱ、祥基もそう思う?」


「だって、雰囲気が違いすぎる」


「……」


人を圧倒するような、雰囲気。


寂しげな、双眸。


人を惹きつける容貌は、氷のように端正だった。


「―ま、なんとかなるっしょ!」


翠蓮の前向きな言葉に、再び、祥基は大きなため息。



< 18/ 960 >