ケータイ小説 野いちご

世界で一番似ている赤色



わたしも自分の制服に身を包む。


近所の公立中学の制服は、前の中学のよりはマシだけど、澄花ちゃんのには負ける。


紺一色のセーラー服。形は可愛いけど地味。



「んー。なんかバランス悪いなぁ」



最高学年になったから、少しはスカート短くしてもいいよね。


そう思い、スカートのウエストを一段折り、鏡の前で一周回ってからリビングへ向かった。



――懐かしい夢、見ちゃったな。



早足で階段を下り、リビングの扉を開けた。



「綾ちゃん、おはよう」


「おはようございます」



新聞紙片手に朝食をとっている豊さんに挨拶を返す。


敬語じゃなくていいよ、と何回も言われたけれど、新しいお父さん――豊さんには、なんとなく丁寧な言葉遣いをしてしまう。



「綾どうしたの? 具合でも悪い?」


「や、昨日、遅くまで勉強してて……」


「そう? 無理しないでね」



心配そうな顔で味噌汁をよそうお母さん。


ありがとうと伝え、わたしも食卓についた。



再婚してから、お母さんに勉強しなさいと言われることが少なくなった。


テストの順位も下がってきているのに、スマホは取り上げられていない。


きっと、家庭の事情でわたしを振り回したことに、申し訳なさを感じているのかも。



「もぐもぐ、今日夜練あるから遅くなるよ」


「こら、澄花ちゃん。食べながらしゃべらないの!」


「そうだ。週末に澄花のラケット買いにいくけど、綾ちゃんも一緒にどう?」


「あ、わたし、友達と遊ぶ予定あって……」


「お姉ちゃん、もしかしてデート?」


「違うよ、女の子と遊ぶの! もう!」



こんな感じで、家族と囲む食卓は会話が多い。


最初は慣れなかったけれど、豊さんも澄花ちゃんも明るくていい人で、わたしも輪に入ることができていた。


2人にどう思われているかは分からないけれど、上手くはやれていると思う。


< 48/ 196 >