ケータイ小説 野いちご

世界で一番似ている赤色



「キャッ!」



痛みと重みにより体がよろけ、その場に崩れ落ちた。


キャーという悲鳴が響き、わたしを中心に女子たちが離れていく。


そんな中、ボールのバウンド音と、誰かが駆け寄ってくる足音が床から伝ってきた。



「はぁ、はぁっ、大丈夫?」



影に包まれ、はっと視線を上げた。


目の前にいたのは、心配そうな顔をした大和くんだった。


どうやら男子たちの試合中にボールが変な方向に飛び、それがわたしの肩に当たったらしい。



駆けつけてきてくれたのは嬉しい。でも、彼に頼ったらダメだ。


1人で何とかしなきゃ。



そう思い立ち上がったが……



「大丈夫。……つっ!」



倒れ込んだ拍子に膝を床に打った。ふくらはぎも擦った。


急な痛みが体に回り、息が詰まった。



「とりあえず保健室」


「ちょっ!」



すかさず大和くんに手首をつかまれる。


そのまま彼はわたしを引っ張って出口方面へと向かった。



「いいよ。1人で行けるから」


「悪い。俺がパス取りきれなかったから」



まわりの女子からの目線が痛い。


振りほどこうとしても、大和くんはずんずん先へと進んでいく。


おかげで足が痛いのに小走りになる。もう嫌。



結局、女子たちのヒソヒソ声を聞きながら、保健室へと向かうハメになった。



< 18/ 196 >