ケータイ小説 野いちご

世界で一番似ている赤色



電車に乗って家に帰る途中、スマホが震えた。


ちょうどわたしが、今日は楽しかったよ~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°的なラインを送ろうとした直前だった。



『また近いうち会おう』



絵文字もスタンプもない、シンプルな言葉。


なのに嬉しくて、少しだけ泣きそうになった。



2年前までは、優にぃとたまに会える機会があった。


ペースは3ヶ月に1回くらい。


公園で遊んだり、フードコートでご飯を食べたり。


でも、次第にその回数が減り、半年に1回になった。ある日、これでもう終わりと言われた。


最後、別れる前。優にぃはわたしにメモを握らせた。


誰にも内緒だよって言って、こっそりと。


おかげで、今日、再び優にぃに会うことができた。



早速、ラインに返信をした。



『また会いたい! ラインもしていい?』


『いいよ』



またつながりを持てることが嬉しかった。


いつか、優にぃに明るい報告ができるようになりたい。



月曜日、重たい制服が、少しだけ軽くなったように感じた。



だけど、そう上手くはいかない。



< 16/ 196 >