ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

once again

「お疲れ様です」

何か、氷室室長の顔が企んでいるようで、後ずさりした。

「そんな、あからさまに逃げなくても?何もしませんよ」

やっぱり…
氷室室長には隠せない。
笑って誤魔化しておかないと…

「そ、そんな。氷室室長は細かい所まで気付かれるんで、失敗出来ないなぁ、って思ってたんですよ」

疑いの目が突き刺さる。

「ほぅ、そうですか。じゃ、これはどうかな」

バンッ!

私は、壁と氷室室長に挟まれてしまっていた。

これって、世間で言う壁ドン?

氷室室長の顔が近い!

切れ長な目が、私を射抜いた。

「高瀬さん、私の目は誤魔化せませんよ?」

「え?」

胸のドキドキが止まらない…

氷室室長は、右手で壁にもたれかかり、左手で私の頬を撫でた。

「とぼけないで。ここで暴いてもいいけど?」

氷室室長の手が、顎を持ち上げた。

逃げたいのに、逃げられない…


私どうなるの!!!

どうしていいか分からず、ぎゅっと目を瞑った。



でも、何も起こる事もなく、すっと私の前から氷室室長が離れていくのが分かった。

「やっぱり、あなたは愉しいね…。しかし、そのスキルはここでの仕事だけで掴んだとは思えないんだが?」

何かを感じ取ったのか、氷室室長の表情が変わった。

< 50/ 223 >