ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

once again

柳井さんとの会食は、問題なく進んだ。
俺も知らなかった事だが、アレルギーがあるとの事で、気をつけていると。
その事もちゃんと踏まえて、店側に食材について注文していたと、店主に後から聞いた。

秘書としての仕事を見事にこなしていく彼女に、目が離せない。

もっと彼女の事を知りたいと、思っていた。

「そう言えば、この土曜日、25日に創立30周年のパーティを開くんだが、如月さんも出席してもらえないだろうか?」

「25日ですか?予定は確か何もなかったはずですが、返事はず明日でもいいですか?」

「あ、いや。この招待状渡しておくから、来れたらでいいよ。急に誘ったからね。気にしないでくれ。この招待状で2名まで入れるようにはしてあるから」

そう言いながら、柳井さんは【invitation】と書かれた、淡いブルーのカードを出してきた。
頂きますと受け取り、背広の内ポケットにしまい込んだ。

その後、話が尽きる事なく夜は更けていった。


翌朝、気分も良く会社に向かった。

勢いよく扉を開け、おはようと彼女に声をかけた。

にこやかに挨拶の後、業務を進めていく。

自分のデスクに座ると、内ポケットに入っていたカードに気がついた。

そうだ、これは。

高瀬が、戻ろうとしたのを呼び止めた。

「土曜日開けておけ」

それに対して、明らかに動揺するのが見て取れた。

用事があるのか?の問いに歯切れの悪い返事。

もしかして誰かとデートなのか?

そう思った俺は、専務としての特権を行使していた。

「これは、仕事だ。同行しろ、拒否権はない、分かったな」

「…はい」

「業務に戻っていい」

「…失礼しました」

バタン

静かに扉が閉められた。

< 48/ 223 >