ケータイ小説 野いちご

焦れ恋ロマンス~エリートな彼の一途な独占欲

『杏、俺だ。まだ番号、昔のままだったんだな』

「えっ……」

ちょっと待って、この声ってもしかして……。

「陸人……?」

彼の名前を口にすると、すぐに答えが返ってきた。

『あぁ。どうしてももう一度、杏と話がしたくて……。電話に出てくれてありがとう』

まさか陸人から電話がかかってくるとは夢にも思わず、言葉が出ない。

あの日からしばらく時間が経つし、織田くんも言ってくれた手前、陸人もちゃんとわかってくれていたと思っていた。

それなのに、もう一度話がしたいだなんて……。彼にはなにひとつ、伝わっていなかったようだ。

『杏、最後にもう一度だけ会ってくれないか? 会って話がしたい。俺の気持ちを聞いてほしいんだ』

「会って話がしたいって……」

陸人の話なら、もうあの日に聞いた。これ以上話すことはない。

「陸人、前にも言ったけど私はもう陸人と話すことなんてない」

『杏はなくても俺はあるんだ』

引き下がらない彼に怒りが募る。

< 182/ 266 >