ケータイ小説 野いちご

暗黒王子と危ない夜


……三崎慶一郎。

それは、さっきまでこの車を運転していた人物以外の何者でもない。




「黒蘭の創立者は、本多元就(ホンダ モトナリ)。……これが、本多の曽祖父にあたる人物。つまり本多七瀬は黒蘭の4代目──になるはずだった」



ひと呼吸おいて中島くんは続ける。



「だけど。本多の父親の代に黒蘭は崩壊した。原因は俺も知らない、だけど、確かに黒蘭はこの街から一度消えた」

「それを、慶一郎さんが立て直したの……?」

「簡単に言えばそうだけど、乗っ取ったって言い方のが合ってるかもな」



そこまで言うと、中島くんはなんだか落ち着かないといったように窓の外に目を向けた。


慶一郎さんがまだコンビニから出ていないことを確認すると、ほっと肩を下ろす。

こんな話、当人に聞かれるわけにはいかないだろうから。



「復活はしても、本多の一族が支配してた黒蘭はもう存在しない」


< 166/ 461 >