ケータイ小説 野いちご

浮気してるくせに平然な彼






それに、堀内くんが彼女に浮気されてた事を知ってしまっても、何かを言える程気の効いた言葉が出てくるハズなく。





「…………………………」





案の定、沈黙になる。





「俺、今から石田松本と会うけど………橋本もくる?」





逆に気を遣わせてしまったようで、おもいっきりなお世辞を吐かせてしまった。





もちろん『イヤ、イイ。楽しんできてね』と断る。





口は悪いけど根はイイ人だと思った。





陸くん以外の男の子とこんなに話したのは初めてだった。 ーーと同時に、陸くん以外の男の子を少しだけ知った瞬間だった。



< 20/ 382 >