ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。





地面に強打したためジンジンと膝が痛いし、手のひらも擦り剝けている。

そして何より、恥ずかしくて起き上がることができない。


きっと、お兄ちゃん呆れてるよね!?
てか、周りにいた人達にも見られてるよね!?


あぁ…このままの状態で帰れないかな?



そんなことを考え、まだ動けずにいるとー…


「!」


腕を上に引っ張られ、無理やり起き上がらされた。


簡単に身体が浮いたため、驚いて見上げた。


「はぁ…頭打たなくて良かったな」


溜め息をつきながらお兄ちゃんは言ったが、表情は心配そうな顔をしている。


「…お兄ちゃんのせいだから」

転んだことが恥ずかしくて、目を逸らしそう言った。



「そうだな」

…え?


珍しくお兄ちゃんが非を認めたと思ったら、今度はお兄ちゃんが地面にしゃがんだ。



「え?」


何…?




目の前にお兄ちゃんがしゃがみ、おんぶしてやるよ的な体制で待っている。


え…


え…



状況が飲み込めず、オロオロとしてしまう。












< 134/ 221 >